測定器

o_y_dさん、はがせんむさん、コメントありがと。


取引先が数件有るのですが3次元測定器を持ってないところが1件だけ有りまして其処の仕事で検査データの記入が必要とのことです。

シールの半径R値の記入。
形状はブーメラン風でR1222とかR966とか。
公差は ±0.3

機上にてレニショーで3点の座標をとってCADで出せば良いんじゃない?


ほんで他に納品に行った時に現場にFAROがあって検査員が検査してたので覗く。
FARO・・・・ヨシア機さんとこで紹介されてた正にそれ
話する。

「ここの外径部のRなんかはすぐにわかるんですか?」

はいはい、ノートパソコンをパチパチ、アームでコンコン、Rをなぞって

「出ました」

早!!


欲しいがな。。。。ナンボするんすか?



これが1000万
そっちのアームの長いのが1500万


ゲ~~~~~!!


ぱっと見価格200万ですけど。。。。。




工場に帰ってからオダちゃんに電話して聞く。

「うちのは400万ですよ。石定盤とPC込みで」

TESA、えらい安いやん。




BIRD博士にも聞いてみる。
ファローなあ・・・・
3次元やったら東京精密やで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その仕事が稼げるようになったら買ってやるつもりです。

もう何でもええ

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: