マザトロール M PLUS で CAM

覚え書き


mametan との入出力はテープモード(EIA時)







工具は、「工具データ」画面内の 「EIA/ISOデータ」 画面を出して設定


IMG_0044-sss.jpg


CAMの設定によるが工具径は φ10のエンドミル で実径が φ9.96 なら -0.02 とインプット
工具長補正の欄はそのままで 工具長補正N0 欄のCAMのTNO をインプット

IMG_0045-sss.jpg


工具オフセット画面にて工具長をインプット 
自動計測の値をそのままでOK


IMG_0046-sss.jpg


サブプロで実行するようにプログラムする。


IMG_0047-sss.jpg


G54 は マザトロール座標系をキャンセルするので削除

後、自動運転してEIAモニタ画面でシングル
変な動きの Gコード Mコード を削除してから ポスト修正依頼


IMG_0048-sss.jpg


V515の場合 低速ギアは M38 高速ギアは M39   970回転でガックン



転送すると 「格納領域なし」 のアラーム
データサイズは 212KB だった (1万行超え)
要らないプログラムを削除して格納領域を53.3%にする。

212KBのを入力すると 86.9% に。
メモリー容量は1MBのはずだが計算上636KBが限界か?
パラメータ等が容量を食ってるのかもしれない。


プログラム (テスト仕上げ部のみ)

修正前

O0000(998)
( T8 | 12 ENDMILL | H8 | D8 | WEAR COMP | TOOL DIA. - 12. )
G0 G17 G40 G49 G80 G90
G91 G28 Z0
G28 X0 Y0
T8 T0 M6
G0 G90 G54 X-62. Y56.
G43 H8 Z25. M8
S2000 M3 M41
Z10.
G1 Z-10. F1000
G41 D8 X-50. F320
X50.
G2 X56. Y50. I0. J-6.
G1 Y-50.
G2 X50. Y-56. I-6. J0.
G1 X-50.
G2 X-56. Y-50. I0. J6.
G1 Y50.
G2 G40 X-50. Y56. I6. J0.
G0 Z25.
M5
G91 G28 Z0 M9
G28 X0 Y0
M30


修正

O0000(997)
( T8 | 12 ENDMILL | H8 | D8 | WEAR COMP | TOOL DIA. - 12. )
G0 G17 G40 G80 G90
T8 T0 M6
G0 G90 X-62. Y56.
G43 H8 Z25. M8
S2000 M3 M41
Z10.
G1 Z-10. F1000
G41 D8 X-50. F320
X50.
G2 X56. Y50. I0. J-6.
G1 Y-50.
G2 X50. Y-56. I-6. J0.
G1 X-50.
G2 X-56. Y-50. I0. J6.
G1 Y50.
G2 X-50. Y56. I6. J0.
G0 Z25.
G40
M5
G91 G28 Z0 M9
M99


ポスト修正後 (加工形状変更にて座標値違う)

O0000(T)
( T8 | 12 ENDMILL | H8 | D8 | WEAR COMP | TOOL DIA. - 12. )
G0 G17 G40 G80 G90
T8 T0 M6
G0 G90 X-55.861 Y-4.95
G43 H8 Z50. M8
S2000 M3 M38
Z10.
G1 Z-15. F1000
G41 D8 X-47.376 Y3.536 F320
X-46.669 Y4.243
X-4.243 Y46.669
G2 X0. Y48.427 I4.243 J-4.243
X4.243 Y46.669 I0. J-6.001
G1 X46.669 Y4.243
G2 X48.427 Y0. I-4.243 J-4.243
X46.669 Y-4.243 I-6.001 J0.
G1 X4.243 Y-46.669
G2 X0. Y-48.427 I-4.243 J4.243
X-4.243 Y-46.669 I0. J6.001
G1 X-46.669 Y-4.243
X-47.376 Y-3.536
G40 X-55.861 Y4.95
G0 Z50.
M5
G91 G28 Z0 M9
M99

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: