戦いすんで

型の加工がやっと終わる。
1週間、まるまる掛かってしまった。

津田駒バイス Vi-1635 の伝票が今日来た。
@200、500 × 2
それとセコのロングの仕上げエンドミルもヘタって寸法が出んようになった。
超仕上げカッター一式。
M20のタップとエムーゲ。

この仕事で経費60万越えか?
加工賃は10万ぐらいかな。
それ以上に得るものは多かった気がする。



 ・・・・・・・・・・


昨日今日と来客が多かった。
昨日は一人だったが今日は6人も工場見学に来られた。
結構、みなさん今後の仕事の方向性について悩んでおられる。
ワシもそうやけど。



マシニングよりDMGやろかと悩んだりしてる。
2種類あってややこしい その1 その2

でもその前に ミラック 

コメント 3件

コメントはまだありません
ヨシア機  


DMG、この2つはトラニオンタイプ(ヘッド昇降)か、チルトヘッド(テーブル昇降)か、の違いですね。


DMGのフラッグシップモデルは duoBlockと呼ばれる構造の機種です。

5年くらい前からわたしが欲しい機種です。

おみさん( http://cabin1.blog116.fc2.com/ )ところに80Pと200Pがあってとっても羨ましいです。

2012/06/01 (Fri) 23:45 | 編集 | 返信 |   
雄鳥  

回転軸が2軸ともテーブルにあるか
テーブルとヘッドに分かれてるかの違いですね
ワークによって使い勝手が変るので難しいですね

私も、duoBlockなら欲しいw

2012/06/02 (Sat) 09:05 | 編集 | 返信 |   
tohoo  

コメントありがとうございます。


欲しいですねえ。
節税で買えるようにがんばりましょう。

2012/06/02 (Sat) 10:30 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ