プライムニュース BS8 今夜8時 録画ON

11月1日(木) 『日本の製造業は健在! 工作機械の国際競争力 収益を生む強みとは?』

 中国を始めとする新興国の製造業が活気づく一方で、かつて“お家芸”とも称された日本の製造業に関しては、輸出量の減少や市場シェアの縮小など、その将来を憂慮する状況が近年報じられている。
 日本のものづくりは、今後どうなっていくのか? 実は、中小企業を含めたものづくり産業全般を見渡せば、世界的に力強い存在感を示している分野も少なくない。例えば、さまざまな工業製品を作る上で欠かせない工作機械の分野では、日本の国際競争力は健在。工場で使われる産業機械や部品類を生み出すためには、これら日本のマザーマシンが最適とも言われ、その先端技術が、国内外の関係者から注目されている。
 折しも、11月1日から東京で開催される日本国際工作機械見本市に合わせ、さまざまな企業、産業の現場を知る専門家を招き、日本のものづくりの現状と、これからの課題を聞く。
 世界各国の経済情勢やニーズが多様に変化していく中、今後の日本は、これらの強みをどう活かし、どう育てていくべきなのか?

ゲスト:    長江昭充 日本工作機械工業会技術委員会副委員長 ヤマザキマザック取締役副社長
        藤本隆宏 東京大学大学院経済学研究科教授 ものづくり経営研究センター長
        時吉康範 日本総合研究所総合研究部門ディレクター

この記事へのコメント:

Danny : 2012/11/01 (木) 22:17:55

BSが見られません・・・
 面白かったですか?
 土曜日に、森・OKK・F に顔出しに行く予定です。


tohoo : 2012/11/02 (金) 01:26:15

録画したのを見ましたけど、全然面白くなかったです。

土曜日はジムトフ行かれるんですね。
次のマシンは5軸にしようと思ってるんですが、三井・牧野・DMG・ハームレなんかを私の代わりに見ておいてください。

Danny : 2012/11/05 (月) 21:09:02

スミマセン・・・
人が多すぎて、まともに見られませんでした。

 やはり刃物・ツールング関連の方に時間が取られます。
カタログが重くて、汗ダクダクでした。

tohoo : 2012/11/05 (月) 23:09:21

Dannyさん、お疲れ様。

カタログの重さは分かります。
最近はネットでほとんど見れるのであんまし集めても意味ないような気がしますけど積み上げてあれば取るでしょうね。

人が多いのが苦手なんでこの月・火にジムトフ行く予定してたんですが、仕事が混み込みで駄目でした。


管理人のみ通知 :

トラックバック: