黒マンデー


超硬エンドミル 刃径φ7 シャンク径φ8
ジナンがこれ変やけど、と持ってくる。


下の画像を見て アレ? と思う人は少ないのだろうか?

上がNS、下のが京セラ(新製品)



3本も買った。
早速、京セラの0120に電話する。


コーティングがシャンク径の始まりから20mmのってるんやが、何かの間違いじゃない?

「どういうことですか?」

普通はシャンク部分にのってても5mm程度なんやが・・・・。

「ん?? 何か問題でも?」

いやいや、わざわざショート刃のを買ってるのにコーティング外して35mmも突き出しせんやろ。

「コーティング部分をつかんではマズイんですか?」

0.002~3振れとる。

「3ミクロンですか・・・・・・」


アウトやで~~~~!  交換してくれ!

「聞いてみます」 ガチャン



呪われたVCKにセラエンド

DSC00465-sss.jpg



削ってみると・・・・・

DSC00463-sss.jpg


問題なかった。


忘れた頃に電話が掛かってくる。

「初期ロットで間違えたようです。今のは○○mmの長さでコーティングされてます。また代替品を・・・」


はいはい

もうどうでもええこと。





φ63のR390に17サイズのR5チップを付けて仕上げてるブツが重なった。
アーバーもチップもあるのにカッター待ち。
電話して聞いてみる。
オランダを出たとか。
もう2日かかるらしい。
長男、土日でてたのに無駄になった。
しゃーないので仕上げ工程残しで仕事を進めるようにいう。

セコの部長さん来社。
サンドビックも似たようなんでヨーロッパ在庫だとどうのような運送になるのか聞く。
船便?
この時代、飛行機でっせ。
週イチ?
いや毎日。

では何故1週間以上もかかるのかな?

しばらくして工具屋さんがもう二日かかると言ってたのを納品してくる。
あれ?
コンピュータ上には無かったのに現物見たらあったそうです。
なんやそれ・・・

このカッターが欲しかったんや。

それなら三日も前に入ってました。


それ聞いて激しく落ち込んだ  (▼。▼;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そんなこんなでワシの仕事はかどらず

無理無理シュラウドは終わらした。
DSC00462-sss.jpg


これもなんやろ、、、前回ロット分からガタガタの治具にはめ込むのに歪んでて往生する。
担当者に電話しれとく。
旋盤してる人が替わったのかも?



インテでしてるアルミ、未だ終わらず。

DSC00467-sss.jpg


正味2日もありゃできるのに3日目だ。

なんでやろ?


おっ、故障してたんやった。
月曜日にマザックからブレーカの件で電話があるはずだったが5時過ぎても音沙汰無し。

まあ、予想してたが・・。

商社の人に電話して問い合わせしてもらうよう頼んだ。
8時になってマザックから電話が。

明日になったらどうなるか電話する、の電話。



はいはいと応答したが、これまた なんやそれ、である。





帰ろ

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: