整合

久々の書き込み

4時起床、7時AMに工場イン 9;30PM終業



いまだに前回ラストに載せている 凸 をやっている。
もう、なんというか、これが ど壺 というのかい?


図面が20年も前のだ。
斜め穴とか斜めミゾがあったりして、、、大概の穴がクロスしとるし・・・・。

何これ!!つうぐらい図面が謎だらけ。
寸法が整合せんし。
ちびっとならええけど、カッコ寸法が2ミリや3ミリも違っていたら あれ? となる。
サンプルをもらっている。
仕上がった奴と、最終の冶具工程前の奴。
前削者も相当迷った様な痕跡がある。

交差角部をクラインダーでR3~5とかR10とかR5とか矢印で図示。
そこは削りでせえと聞いてる。

これまた難儀な・・・X6が悲鳴あげる。


CADしててとても不安になる。
数時間悩む。

担当者に決めてもらうことにした。
CADではこの寸法になって、カッコ寸法ではこうで、見本Ⅰはこの寸法で、仕上がりのはこうなって・・・。


 どれにしましょうか?

昨日、今日と聞いた。


見本と仕上がり見本で両方とも、明らかに寸法が違ってる斜め穴の巾。
さすがにこれは図面通りにやってと。

使用する工具が35本目に突入。
まだM10あるし一番デカイ斜めV字ミゾあるしで40本は超えそうだ。


今日は 縦横のφ5の穴をやった。
新調したクソ日研ボーリング。

先っぽのチップが鼻くそぐらいだ。
ネジ小さい。
バーにレンチが付いてないのは、どういうこっちゃ。
レンチセットの最小はT6だ。
ネジ頭ネジに入れても入らず。
T6よか小さいのもあるんやねえ。
ネジ5個とレンチ2本別に買った。

φ30のh6するのにカイザーのヘッド買ったんだが箱にレンチ入ってた。
流石である。



マザトロールのボーリング。
φ6以下は自動展開しない。
あれ?で小1時間つぶしたわ。
サポートにも聞いてフタマタさんにもヘルプ電話する。

結局、自己解決した。
アホみたいなことだ。
旋盤だとφ5の加工とφ100の加工は全然違うが、転削ではどっちも同じ。

イチ決めて行くだけ。
穴底で止まって、ちょっと逃げて、引き上げは 径にはなんら関係ない。
タンドウでやろうとしたがマザトでできた。



あかん

もう寝ろ

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: