ドリル

ここんとこ連日、ハスが咲き続いている。






DSC00965-sss.jpg




今日も仕事。

ピストンした。
年に1~2度しか来ない。

この度、ドリル変える。
大体、φ3以下のドリルはハイスを使っていた。
しかしここ最近0.6とか0.7の超硬ドリルを使ったが全然いけるじゃありませんか v(^^*)



して、この度は図面にはφ2と2.5の穴。
ややこしいのがφ2のドリルで開けるとφ1.95ぐらいになること。
公差は±0.1なので問題ないのだがここの検査はプラス交差推奨みたいなんで2なのに2.1のドリル。

ああ、書いててややこしいわ。

んでいつものようにMスターを使おうとカタログ見ると2.1は2.1シャンクだ。
2.6は2.6.

あぶないあぶない。。もう少しで注文するとこだった。


ほんなら、でOSG。
油穴なしだとWDドリルだ。
シャンクは三菱みたいに半端じゃない。

しか~し、WD-2D、4Dで使用頻度が多いだろうの3Dが無い。
何故だ~(?_?)

値段倍の油穴付き(3D有り)を買わそうとしとるんか?

その手には乗らんぞ、とWD-2Dを買うたった。
しかし現物見て問題発生。

穴深さ12なのに波長が14

あかんやろ


DSC00971-sss.jpg



カタログをじんまり見詰めると加工深さアウトで予想的中。
大体、開ける穴深さはドリル径2倍の余裕波長は要るようだ。



 (中略)


深穴サイクルでいけたわ。


DSC00972-sss.jpg



ピストン加工にかかりっきりで2日も費やしてしまう。


明日からスワーフ

この記事へのコメント:

魅惑のinte35 : 2013/07/02 (火) 19:51:43

お世話になります。

過去に何度か超硬の小径ドリルを折ってしまったことがあり、
以来、いつもハイスを選択してしまいます。

最近のドリルは性能がかなり良くなってるみたいですね。



一枚目のハスの花の写真、花びらの透け具合が絶妙ですね。

tohoo : 2013/07/03 (水) 04:33:53

コメントありがとうございます。

小径ドリルで超硬を使用するのは時間的な面もあります。
回転とモチが3倍。

安価なSECOのドリルは送りが0.01ですが三菱は0.04です。
単価倍ですが早さは4倍。


ハスの画像ですが空が青かったらもっと綺麗に撮れたでしょうね。

ベストショットやなあ、の時にはたいがい手元にカメラがありません。

管理人のみ通知 :