チューブのバルブのリムナットの位置

ささいな事だが気になる。

タイヤ交換の時にチューブのバルブだけが見えていてリムナットは外してあるのかと思ったが、タイヤ外すとちゃんと付いていた。
前後ともそうなっていたので間違ってはないのだろうが・・・・・。
ワシのだけか?



ネットで調べたらやはりリムナットはタイヤの中にあるようだ。

画像はバイクブロスさんとこの試乗レポより

 detail05_b.jpg


何か意味あるのかな?
走りには問題ないけど気になるわ。

この記事へのコメント:

通りすがり : 2011/10/25 (火) 10:53:16

はじめまして。
バイク用品屋で新品のチューブを見ていただくと解かるのですが、バルブには2個ナットがあります。
ひとつはリム内側、もうひとつはリム外側が基本です。

外側がついていないのは任意で取り外していると思います。
そのメリットは、走行してタイヤがズレた時にチューブのバルブがねじれるのを目視で確認するためです。
ねじれたまま走るとバルブがねじ切れる恐れがありますので、走行後、エアを抜き、ビードストッパーを緩め、ホイールを逆回転させてブレーキをかけるとバルブの元の位置に戻ります。

tohoo : 2011/10/25 (火) 15:29:38

通りすがりさん、ありがとうございます。

予備のチューブ見るとリムナットが2個ついとりました。
納得です。
スッキリしました。

管理人のみ通知 :

トラックバック: